2010年07月14日

サッカー選手の移籍に学ぶ転職術(長友選手編)

昨日、日本代表の長友選手がセリエA・チェゼーナへの期限付き移籍が決まったと報道されていました。

チェゼーナ??? 

多くの日本人にとって馴染みのないこのチームは、20シーズンぶりにセリエAに復帰したばかりで、お世辞にも強豪とは言えないチームです。

実力的にも、長友選手が所属していたFC東京と同程度か、あるいはFC東京の方が強いかもしれません。

では、なぜそのようなチームにわざわざ移籍をするのかというと、以下の理由が考えられます。

1.対戦相手は強豪なので、力をつけることができる。
2.欧州の舞台で名前を売って、スカウトの網にかかり易くなる。
3.異なる環境で、求められる新たな役割が、選手を精神的に強くする。


1.対戦相手は強豪なので、力をつけることができる。

長友選手はディフェンダーなので、対峙する相手には世界レベルのフォワードがたくさんいます。このような相手を前に、ディフェンスだけでなく、攻撃参加をするという得難い経験は、長友選手の実力を多いに高めてくれると考えれます。

2.欧州の舞台で名前を売って、スカウトの網にかかり易くなる。

Jリーグで活躍をするよりも、セリエAで活躍する方が、ヨーロッパのスカウトの目に留まりやすくなり、今後さらに欧州の名門クラブにステップアップできる可能性が大きくなります。

3.異なる環境で、求められる新たな役割が、選手を精神的に強くする。

それまでチームの中で主力として扱われてきた選手が、新加入選手として新たな役割を求められることは、精神的には大きなストレスになると思います。

それを受入れ、活躍をする為に努力をすることは、選手を精神的に強くすると思います。


長友選手の移籍モデルからビジネスマンが学ぶことは多いと思います。

多くの方は、転職を希望する際に「次の会社で転職は最後だ」と言う気持ちでいます。

しかし、今回の長友選手の移籍のように、長期的なキャリアアップの布石となる転職があることも理解してください。(但し、給料や待遇アップは前提となります。)

また、転職をすると、新たな環境にフィットしなければならず、少なからず新しいことへのチャレンジが必須となり、精神的なストレスがかかります。

しかし、このような経験は、あなたのビジネスマンとしての幅を広げてくれます。

今、転職を考えている方は、将来のキャリアアップの為の布石の転職があることも頭の片隅において転職活動を行うことをオススメします。


ところで、基本的には本人の経験にとっては大いにプラスだと思います。

しかし、リスク・マネージャーという仕事柄、敢えてリスクを指摘させてもらうと、イタリアのチームは資金管理が杜撰という点です。

特に2部から昇格してきたようなチームは、資金不足に悩んでいる場合が多く、給料未払いが発生するケースも見られます。

フィオレンティーナやパルマのような有名クラブでも資金難に陥るイタリア・サッカー・・・長友選手の為にも、チェゼーナがしっかりと資金管理をしてくれることを祈るばかりです。

私がサッカー選手なら、資金的に手堅く、攻撃的サッカーを体現するチームが多い、ドイツのブンデスリーガを希望します。

posted by とぴ at 10:19| Comment(23) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

朝の時間を活用する!


日本代表のワールドカップでの挑戦が終わりを迎えてから10日ほど経ちました。

日本代表が敗れるまでの間、私の生活は深夜型となり、かなり多くの試合をライブでチェックしていました。

大会も架橋に入っているので、今週からいつもの早朝型に戻しています。

やはり朝の時間を活用すると1日がとても有効に使えると実感しています。

私は朝(5:30頃)起きると、まずは家事を手伝います。
具体的には、おにぎり作り、洗濯、ゴミだし、新聞を取りに行きます。

妻は「自分がやるからいいよ」と言ってくれますが、やはり家庭のことを妻だけに任せると、
長期的に負担になるのはわかっていますので、積極的に手伝うことにしています。

家事が一段落したら、勉強に取り掛かります。(この時点で6時過ぎぐらい)

すでに家事を済ませているので、この時点では頭がすっきりしています。

勉強と言っても具体的には、テキストを読んだり、ビジネス書を読みます。

およそ1時間ぐらいしか時間は確保できませんが、誰からも邪魔をされず、超集中して学習を行っているので、
内容の濃い時間を過ごしている実感があります。

その後、30分で準備をして会社に向かいます。

私がこのように朝の時間を使っていると話をすると、多くの人から、「5:30なんて起きられないよ!」
というリアクションを貰います。

しかし、私自身も朝は大変苦手だったので、慣れだと思います。

かつては7時15分に起きて、7時30分に会社に向かうという生活を送っていました。

しかし、仕事が忙しくなるにつれて、少しずつ自分の時間の確保が難しくなっていきました。

そこで、朝の時間を活用することにしたのです。

「いきなり5:30に起きるのは無理かな?」と思っていましたが、段階を踏んでも眠いのは同じだと思い、
すぐに5:30に起きるようにしました。

最初のうちは眠かったものの、3日目には慣れました。

そして、朝の時間を有効に使うと、とても1日が充実したものになることを感じて、それ以来すっかり朝型人間になりました。

私の経験上、3日間我慢すれば朝型に切り替えることができます。

自分の時間が確保できないと悩んでいる方は是非、朝型にシフトしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、私が朝の学習で超集中するために使っているのが何度も紹介させていただいている「集中力を高める音源ぴかぴか(新しい)」です。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=156602&iid=35497

驚くほどの効果があるので、超オススメです。

posted by とぴ at 15:21| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

イギリス人トレーダーの南アW杯・・・

会社にいるイギリス人は既にワールドカップの勝敗にほとんど興味がないようです。

私が今朝、「あの好調だったドイツがスペインに負けたねぇ〜!」と話を振っても、
「へぇ〜、スペインが勝ったんだぁ。ってことは、スペインの勝利を予想したサイキックオクトパス(W杯の勝敗予想を的し続けているタコ)はまた当たったんだねぇ〜。」と言っています。

つい先日まで「今回のイングランド代表は最強だぜぇ手(グー)」と叫んでいたことなど「今は昔」。

今はW杯の話題に触れるのもイヤなようで、8月から開幕するプレミアリーグの新シーズンの話を始めました。

それに比べて、日本人は熱心にドイツが敗退したことのショックを語っていました。

W杯が終わっても日本人はサッカーについて語り続けるのか。。。

おそらく、1ヶ月もすれば、W杯やサッカーの話などほとんどされなくなると思います。

しかーし、それでもサッカーは続きます。

今回のW杯で少しでもサッカーに興味を持たれた方は、一度だけでも良いので、実際のスタジアムに足を運んでみてくださいね。

ビール片手に試合を眺めると、心地よい非日常感があなたの心をワクワクさせると思います。

posted by とぴ at 12:11| Comment(0) | 外資系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。